なおしのこれまで、これから

学んだこと・感じたこと・やりたいこと

4年間日記を書いて

f:id:vxd-naoshi-19961205-maro:20190108193536j:plain

自分と国語

私は小さい頃から国語が大嫌いだった。文を書くと読めるものではなく、そもそも文字すら汚かった。そして、本を読むのも苦手だった。

そんな私が4年間日記を書いた経過を書こうと思います。

日記を書くきっかけ

昔、クラスでクリスマス会をするということで本屋に行きました。その際、「マイブック」という本を見つけました。哲学書とか心理学的な本かと思い開けてみると日付しか書かれていない真っ白な本でした。

これをクリスマス会のプレゼントにすると同時に自分用に一冊買って、これを日記として使うことを決めました。

日記を書いて

今年の始めに今まで書いてきた回数を調べてみると140日ぐらいしかありませんでした。だいたい10日に1回ほど。もうちょっと書いておくべきだったなと少し後悔しております。

書いた内容はほとんどその日考えたこと。その日の出来事で感じたことをまとめてみたり、苛ついていることを淡々と記してストレスを日記に移したりしています。その中で恐らく一番多いのは自分の目標についての考察だと思います。

実際に日記を書いて分かったことは自分の文はとても読みにくいことでした。内容が飛んだり、話が逸れてたり語彙力がないことを実感しました。そんなこともあり、少しずつ文を意識したり表現を意識するようになりました。

変わったこと

一日の日記の量が明らかに変わりました。昔は作文用紙一枚分ほど。

f:id:vxd-naoshi-19961205-maro:20190108195819j:plain
一応モザイク入れています。

そこから今では約1400文字、作文用紙三枚半ほど。

f:id:vxd-naoshi-19961205-maro:20190108200201j:plain
これもモザイク入れてます。

自分の考えていることをちゃんと記そうとすると自然と量が増えていきました。そのおかげで今では文を書くことが億劫ではなくなりました。また、日記のおかげかどうかは分からないけれど、プレゼンテーションやLTをする際に全体の流れを意識しながら作成する能力も身に付きました。

これからについて

日記の量が少ないと今までの自分がいない気がして少し寂しい気がしています。なので今年は100日以上日記を書くことを目標にしたいと思います。日記を書きながら今自分が思っていること考えていることをちゃんと将来に残せるよう文を意識していきます。そしてそれが自分の宝物になることを信じたいです。

ps. 次は技術系の記事でも書きたいな